カラスの巣作り

通勤の車窓から見える大きな木に、カラスが巣を作っていました。


カラフルな針金のハンガーで作った、モダン建築の新居です。
近くの木々には少し新緑の葉が出始めているのですが、なぜかまだその巣がある木だけは葉がないので、新居が丸見えです。
お母さんカラスかな、ちょこんと座って卵を温めている姿も丸見えです。


数日前、うちのベランダが騒々しいので何事かと見てみると、体長5〜60cmぐらいはありそうな大きなカラスが物干し竿に止まっていました。
針金のハンガー1本の内側を竿に通して置いてあったのですが、それを狙っていたようです。
何度も何度もハンガーをくわえては飛び立とうとしては、ハンガーが竿から外れないことに苛立っていました。
もう1羽が、よそのお宅から取ってきたハンガーをくわえて飛んでいきました。
ギャアギャア、バタンドタンとやっていましたが、しばらくしてようやくあきらめて飛び立っていきました。


カラスは人の顔を覚えるらしいのとこの時期のカラスは気が立っているので、ハンガーを取り込んだところを見られたりしたら、きっと外出したときに低空飛行で近づいてきて頭を小突かれそうです。
暗くなってからそーっとハンガーを取り込みました。


ごみの問題とか都会ではカラスと人間の攻防戦が続いているけれど、その賢さはなんだか憎めないですね。
あの巣が撤去されないように、ひそかに祈っています。




ごみについてのまとめはこちら