水の神様を訪ねる 1

年末年始は幼少の頃に住んでいた武蔵野台地を歩くとともに、もうひとつ熱中したことがありました。

それは約200箇所あるという氷川神社を探して書き出すことでした。

 

地図を拡大したり縮小しながら見つけて、散歩の計画ノートに書き出してみたのですが、これがけっこう大変でした。

荒川の水の神様ですから、その本流・支流の川沿いにあると見当をつけました。さらに地図では神社は薄緑色に描かれていることが多いので、最初は面白いほどすぐに見つけられました。

 

数時間ほど熱中したでしょうか。スクロールしたり拡大縮小したりしてちょっと車酔いのような気持ち悪さと闘いながら、ようやく見つけたのがまだ136箇所です。

 

2018年ごろから総本社の大宮氷川神社をはじめ、何ヶ所かはすでに訪ねていて、以下の日記に書きました。

水の溢れる場所から水の無い場所へ

日本水準原点

三田用水

そして先日の東久留米と氷川神社です。

 

これから氷川神社のある地域を散歩した記録は、こちらにまとめて行こうと思いつきました。

また氷川神社だけでなく、さまざまな水の神様の信仰があるようなので、それもこちらへまとめようと思います。

 

もう一度氷川信仰を読み直したら、「氷川という名も出雲国の簸川(ひかわ、現:斐伊川)に由来するとされる」とありました。

なんと斐伊川を訪ねたばかりのこの偶然に、宗教と距離をおいた私なのに「神様のお導き」と思いそうになりました。

 

どちらかというと、大昔から水を求めそして水の怖さと闘ってきたアニミズム的な何かに関心があるのかもしれません。それぞれの地域の地理や歴史を感じながら、なぜそこに水の神様を祀ったのか、ぼちぼちと訪ねてみようと思います。

 

 

「水の神様を訪ねる」のまとめです。

2.   六郷用水と氷川神社 

3.   彩湖と氷川神社

4.   朝霞と氷川神社

5.   荒川放水路と氷川神社

6.   氷川台から氷川町へ

7.   桃園川と馬橋神社

8.   桃園川と気象の神様

9.   江古田の水の神様

10.   江古田川と妙正寺川の水の神様

11.   海の神様

12.   谷端川

13.   大谷口氷川神社と配水塔

14.   多摩川と右岸と左岸の神様

15.   川合の水の神様

16.   長良川と伊奈波神社

17.    白子川と氷川神社

18.   小平と氷川神社

19. 岩戸神社と喜多見氷川神社

20.   黒目川と下里氷川神社

21.   水子貝塚と氷川神社

22.   新河岸川と氷川神社

23.   川越と氷川神社

24.   野火止用水と氷川神社

25.   神田上水と水神社

26.   武蔵野八幡宮と神田上水井の頭弁財天

27.   柳瀬川と氷川神社

28.   二つの貯水池と二つの氷川神社

29.   阿豆佐味天神社

30.   ポリオ研究所と氷川神社

31.   明治川神社と水源神社

32.   愛知用水神社と不老会

33.   玉川上水と雷電神社

34.   松戸の雷電神社と竹が花雷電湧水

35.   御嶽神社と「杜の霊神水」

36.   深大寺と池ノ上神社

37.   小名野ケ谷の鎮守様

38.   波除碑と洲崎神社

39.   深大寺の青渭神社

40.   深大寺の深沙大王

41.   小野島村の天満宮と海津見神社