小金がまわる 40 現金の価値を下げたいのだろうか?

遠州鉄道バスの支払い方法についての下書きを書いた後に熊本のニュースを知りました。

 

熊本のバス・鉄道5社、全国ICカードから初の離脱 理由は費用

毎日新聞 2024年5月27日)

 熊本県内でバスや電車を運行する交通5社は27日、「Suica(スイカ)」や「ICOCA(イコカ)」「はやかけん」など全国交通系ICカード(全10種)による運賃決済を年内にも取りやめると発表した。機器更新費がかさむことをいったん導入しながら離脱するのは全国初という。代わりのキャッシュレス決済手段を用意するが、利便性の低下も予想される。

 

クレカやタッチ決済なら経費半減

 5社はいずれも熊本市に本社を置く、九州産交バス産交バス熊本電気鉄道▽熊本バス▽熊本都市バス

 5社は2016年に全国交通系ICカードの決済システムを導入。保守契約が25年3月末で切れ、更新には計約900台あるバスに搭載される機器を入れ替える必要があるなど、5社全体で計12億1000万円が必要と見込まれていた。

 各社は高コストの全国交通系ICカードの決済システム廃止を決定。代わりに近年普及が進み、安価な読み取り用の機器で対応できるクレジットカードのタッチ決済やスマートフォンによるQRコード決済を導入する。経費は6億7000万円に抑えられるという。

 早ければ年内に全国交通系ICカードの利用を停止し、25年4月から新方式に移行する。5社の路線バスで、全国交通系ICカードによる支払いは全体の24%に占めるが、5社の共同経営推進室は「当初は一部で不便をかけるかもしれないが、周知に努めていきたい」と理解を求めた。

 

全国交通系ICカードの弱点

 国は旅客交通のサービスのレベル向上やインバウンド(訪日外国人観光客)の受け入れ環境の整備に向け、全国交通系ICカードの普及を後押ししてきた。2024年には愛媛県伊予鉄道が導入するなど拡大が続き、累計発行枚数は約2億枚に達する。

 課題は、決済システム更新に多額な費用がかかることだ。国はシステム導入時は補助金を出すが、更新時の支援はない。全国交通系ICカードの決済システムからの離脱を表明した熊本市の交通5社の共同経営推進室の担当者は「人口減少などで5社の経常収支は赤字続き。(更新費用)はとてもではないが払える額ではなかった」と語る。

 

世界や他地域にも変化が

 一方、クレジットカードのタッチ決済などは運賃計算をクラウド上で行うため車載器費用を低減できる。タッチ決済は近年、国際的にも急拡大。ロンドンや米ニューヨーク市など世界主要都市の地下鉄でも利用可能だ。外国人客にはICカード購入が不要となるなどの利点もある。

 新方式普及に伴う動きは他でも起きている。茨城県で路線バスを運行する茨城交通は24年2月、タッチ決済を本格導入。高コストの全国交通系ICカード導入は見合わせたままだ。国内の交通機関でのタッチ決済導入は実証実験などを含めて100件を超えている。

 関西の私鉄や福岡市地下鉄など大都市では、全国交通系ICカードとタッチ決済の導入を済ませた例もある。ただ経営環境が厳しい地方交通機関では、今後システム更新のタイミングなどでどちらを選択するか判断を迫られる可能性がある。

 

 

2022年7月に線状降水帯に逆らうように大分から熊本、福岡をぐるりと回ったことを思い出しました。

水前寺公園では目の前が見えないこれまでの人生で経験したことがない土砂降りに遭遇したのですが、ずぶ濡れを気にしながらもピッとPASMOをかざすだけでバスに乗れたのでした。

 

最近ではだいぶ旅慣れてきて、いく前にICカードが使えるか現金払いか確認しておき、小銭も十分準備していくようになりました。

ただ、遠州鉄道バスはさすがに浜松市内だからPASMOが使えるだろうと確認を怠ったまま乗ったので、私のミスでした。

他の乗客の方のスムーズな下車の邪魔にならないように、最後に降りました。

 

それにしても、熊本県内の美しい川や用水路や湧水をもう一度いつか訪ねたいという計画があるのですが、次に行くときに現金は使えるのでしょうか?この記事からは現金払いがなくなるかのように読めるのですが。

 

 

*現金と借金、そして借金ともまた違うのだろうか?*

 

こうした記事が出るたびに、コメント欄では「現金支払いにこだわる人」「デジタル化についていけない高齢者」「支払いでもたもたする迷惑な乗客」といった場外乱闘の様相になるのですが、私には急に世の中がクレジット(後払い、一時的な借金)を気にしなくなったことの方が不思議ですね。

 

日常のこまごましたものをカード決済にして、翌月に「ああ、こんなに使ってしまった」「給料では払い切れない」という弊害も多々あるのではと心配になります。

ああ、そういう人ための高利貸しでまた儲ける人がいるのでしょうか。

 

QRコード決済の手続きには一応現金での「事前チャージ」や「即時払い」もあるようですからクレジットともまた違うようですが、いずれにしても現金で相手とのやり取りだけだったのが、第三者がそのお金のやり取りに介在して手数料が発生しているのは現金の価値そのものが下がってしまったのだろうかと、わからないままです。

 

PASMOなどの交通系ICカードは不要になればデポジット料を引いた残金が戻ってくるのに対して、「チャージ残高は基本的には通貨に換金はできない」というあたりも引っかかっています。

 

現金を移動させるだけで誰かがそこに利益を得るシステムがまた複雑になり、その高額な機器も必要になった社会は、これからどこへ向かうのでしょう。

 

 

*おまけ*

 

この記事を読むと、やはり今もICカードの新規購入が停止になっているのは、インバウンド優先とモバイルキャッシュレス決済へ移行させるための作戦なのだろうなと感じた次第。

「(国は)全国交通系ICカードの普及を後押ししてきた」のにそのあとは盛大にハシゴを外すのも、国民の生活なんてどうでもよさそうな最近の政府のやり方ですね。

国の通貨なのですから、現金を使用する生活はきちんと保護してほしいものです。

 

 

 

 

「小金がまわる」まとめはこちら

あの日(2022年7月8日)から考えたことのまとめはこちら