小金がまわる 26 蛸は身を食う

「蛸は身を食う」 資本や財産を食い減らすたとえ。蛸は空腹になると自分の足を食うといわれるところから (「ことわざ辞典ONLINE」) なんとなく子どもの頃から知っていた諺ですが、本当に蛸の生態はどうなのだろうと思ってもなんだか有耶無耶のようです。薀…

行間を読む 113 安政の大地震

1970年代半ばの高校時代に受けた日本史と世界史の授業では、時間が足りなくて十九世紀後半から二十世紀初頭の歴史は駆け足で習いました。 その時代が、まだ歴史として検証されていない時期だったのかもしれません。 先日の散歩から安政2年(1855年)の大地震…

水の神様を訪ねる 38 波除碑と洲崎神社

地図で古石場川親水公園の東側のあたりを見ていたら、「波除碑 平久橋碑」という表示を見つけました。 昔の埋立地の防波堤か何かかなと想像しながら地図をたどると、東西線木場駅の近くにある洲崎神社の境内に「津波警告の碑」を見つけました。 東京湾での津…

散歩をする 303 古石場川親水公園

6月初旬、重い腰を上げて出かけたのは、江東区でした。 気持ちが沈んでいる時には、葛西臨海公園で海をぼーっと眺めるのもいいかなと思って、なんとなく地図を眺めていました。 そして京葉線に乗って、辰巳国際水泳場と東京アクアティクスセンターを見たら、…

気持ちの問題 65 ネジバナに元気をもらう

まだまだ絶賛絶対に都県境を超えない散歩を実施中で、行きたいところも次々とあるのですが、先日、私にしては珍しくちょっとエネルギー切れのようになった日がありました。 パソコンに向かってもなんだか文章が出てこない、外出のための身支度をしようと思っ…

行間を読む 112 地の塩のような文章

散歩をするようになって、歩きながらいろいろと考えています。 その中でも、小名野ケ谷の歴史を書き残そうとされている文章などに、ああこれもまた地の塩というのだろうなと思うようになりました。 深大寺用水東堀を訪ねて歩いた最後は、吉祥寺病院の脇に出…

水のあれこれ 176 深大寺用水

深大寺用水と検索すると、すぐに歴史がわかると思ったのですが、頼みの綱のWikipediaもありませんでした。 でも、多くの人がこの深大寺用水跡を探しながら歩いている記録があります。 調布市の「キッズページ」の「明治時代」にこんなことが書かれていました…

水の神様を訪ねる 37 小名野ケ谷の鎮守様

今回歩いた深大寺用水東堀の途中で、諏訪神社に立ち寄って見ました。 社殿の壁に、本を切り取ったような紙が3枚、ビニールのカバーに入れられて貼ってありました。雨風で、ところどころ字が読めなくなっています。 この諏訪神社の歴史についてまとめられた…

散歩をする 302 つつじヶ丘から深大寺用水東堀を歩く

中仙川遊歩道から池ノ上神社まで歩いて満足したのですが、中仙川遊歩道の二手に分かれたもう一つの道が日に日に気になり始めました。 地図では、ところどころ遊歩道らしい住宅と住宅の間の空間があり、航空写真に切り替えると木が続いていてやはり遊歩道のよ…

水の神様を訪ねる 36 深大寺と池ノ上神社

入間川の上流部を確認できて満足し、そこから、いつか歩いてみようと思っていた場所へ向かいました。 年間パスポートを購入して神代植物公園に行くようになったのが2017年ですが、この崖線の上にある植物園から坂を下ると、崖の途中に深大寺があり、そして神…

散歩をする 301 中仙川遊歩道を歩く

5月の散歩の記録が追いついていかないのですが、5月初旬に出かけた絶対に都県境を越えない散歩です。 昨年夏に、実篤公園と入間川を散歩したのですが、10月に入って「東京外郭環状道路の地下ルート上にある市道が陥没」したニュースがありました。地名を聞い…

10年ひとむかし  80 労働の対価としての適正な価格

ちょっと小難しいタイトルですが、経済とか数字が苦手な私の素朴な疑問ぐらいの話です。 すでに4月下旬ごろには夏のように気温が上がって半袖の服が欲しかったのですが、緊急事態宣言中でお店が開いていません。 通販だと写真と実物の差が大きいので、服や靴…

水の神様を訪ねる 35 御嶽神社と「杜の霊神水」

東急池上線の御嶽山駅の近くに、涼しげな鎮守の森が見えます。 4月下旬、急に夏日になりそうな日で、駅に降りて少し歩いただけでふらりとしそうでしたから、引き寄せられるようにその神社を訪ねました。 賑やかな商店街のすぐそばにあります。 御嶽神社の由…

散歩をする 300 御嶽山駅から西大井駅へ

「絶対に都県境を越えない散歩の計画」は次々とでてきました。 休みの日には散歩に出かけ、記録が追いついていきません。 4月下旬、そろそろむしょうに新幹線を見たくなってきました。 いつも東海道新幹線には品川駅から乗るのですが、品川駅を出てじきに途…

数字のあれこれ 72 元号と西暦

Macでは崖線(がいせん)が一発で漢字に転換できず、ブログを書くときにああ面倒と思っています。 もうひとつ、ブログ内では基本的に西暦に元号を併記するようにしているのですが、「令和」を転換できません。 平成どころか江戸時代の元号さえすぐに転換され…

落ち着いた街 12 落ち着いて問題解決方法を探す

東京都都市整備局による「崖線の緑を保全するためのガイドライン」(平成24年)の具体的取組として、「緑地保全、建築・開発規制、景観形成など各種制度を組み合わせた保全手法や適切な維持管理手法などを取りまとめた崖線の緑を保全するガイドラインを策定…

水のあれこれ 175 崖線

今日のタイトル、「がいせん」と打ち込んでも、Macでは一発で漢字に転換できません。あまり馴染みのない言葉かもしれませんね。 国分寺崖線を知ってから私も読めるようになったのですが、毎回、「がけ」「せん」と打ち込みながら、いつ頃この読み方を知った…

運動のあれこれ 39 「多摩川由来の崖線の緑を保存する」

Macの地図の航空写真で多摩川周辺を眺めていると、緑地が帯状に続く場所がところどころあります。 最近は、そこに崖線があることがだいぶ想像できるようになりました。 川の流れがつくりだした2~3mとか数メートルの崖は、武蔵野台地と下の水田地帯との差のよ…

記録のあれこれ 98 記憶と物語

先日の食べるということ 71 キャベツの千切りに、settu-upさんからのブックマークがありました。settu-upさんからは時々、資料などを教えていただくことがあります。ありがとうございます。 今回のブックマークでは、ご自身の2015年のブログ新・とんかつの誕…

散歩をする 299 羽毛下通りを歩く

京王フローラルガーデンの周辺を地図で眺めていたときに、羽毛下通りを見つけました。 崖地形、丘陵、山地の片側を指す「ハケ」であることがその通りの名前から推測できたので、そこを歩こうと計画したのでした。 京王フローラルガーデンに行くまでに、布田…

散歩をする 298 西調布から京王フローラルガーデンへ

4月12日に東京都に適用されたまん延防止等重点措置は、4月25日からは第3回目の緊急事態宣言へと変わりました。 ますます都県境を越えた散歩は無理そうと確信した4月下旬、京王フローラルガーデンが5月下旬で閉園になるというお知らせが目に入りました。 子ど…

散歩をする 297 武蔵境の遊歩道を歩く

利根運河を歩いてじきに、東京都にまん延防止措置が4月12日から適用されることが伝えられました。 (1)飲食店の営業時間を午後9時までから8時に短縮要請 (2)マスク会食やアクリル板設置の徹底 (3)都県境をまたぐ移動の自粛要請 「都県境をまたぐ移動の自粛」…

記憶についてのあれこれ 169 父とキャベツの千切り

キャベツの千切りというと、思い出すことがあります。 亡くなった父が、かれこれ30年ほど前に、「彼らは生のキャベツの千切りを絶対に食べないんだよな」と言った一言です。 「彼ら」というのは、1990年代初めの頃に東南アジアのある国から日本に出稼ぎに来…

食べるということ 71 キャベツの千切り

時々孤独のグルメの再放送があるので、見逃してしまわないように番組表を真剣にながめて録画予約をしています。 最近観たもので、「キャベツ大好き、キャベツが無ければ俺はトンカツを食べない」という五郎さんの心の声に、強くうなずいたのでした。 ほんと…

正しさより正確性を 26 インシデント報告のシステムとは違うのではないか

ここ2週間ほど、ちょっと悶々としています。 最初は、新型コロナウイルスワクチン接種数が増えるに従って、「こんな間違いがあった」「こんな手違いがあった」というニュースが増え始めたことでした。 次は、大規模接種会場での予約システムに「こんな欠陥が…

食べるということ 70 離乳するための食事

動物園や水族園や植物園に行けなくなってもう1年以上が過ぎました。 途中、都立の施設も予約制で入れる時期もあったのですが、やはりふらりとその日の気分で行くのが楽しかったのかもしれません。 ただぼーっと動物や魚や植物を前にたたずんでいるだけで、な…

完全母乳という言葉を問い直す 42 WHO/UNICEFのプレスリリースの10年ひとむかし

9年前にこのブログを始めた頃は、お産に対するファンタジーとムーブメントが終焉し始めていた印象でした。これは日本だけでなく、1970年代ごろから世界中で、「出産の医療化」という人類が初めて医療の充実を経験し驚異的に変化する時代の葛藤としてはしかた…

完全母乳という言葉を問い直す 41 一度広まった言葉はなくならない

「本質に戻るまで30年ほどかかるのかもしれない」のコメント欄で、とかえこさんに「ここ10年の授乳について広がった考え方や方法論について書いてみたくなりました」と大きなことを書いておきながら、逡巡したまま時間がすぎていました。 あれから2ヶ月ほど…

行間を読む 111 利根運河の歴史

利根運河の堤防を歩くと対岸に北側からの小さな川の流れがあり、それに沿って谷津のような地形と家や田畑が見えました。 運河によって、この辺りの水の流れや生活は大きく変化したのでしょうか。 以前利根運河の沿革を読んだ時には、1890年(明治23年)に完…

散歩をする 296 利根運河を歩く

最初の計画では、野々下水辺公園から坂川に沿って歩き、小金城趾駅からまだ乗ったことがない流山線に乗ってみようと考えていました。 野々下水辺公園の周囲は、なだらかな丘陵が坂川のそばに続き、田畑も残り美しい風景です。 河岸に点在する神社や城址など…