助産師の歴史 10 あったこともないことにする

年末年始に備えて12月後半は少しリスクのある産婦さんの分娩誘発が増える と書くようになったなんて、10年ひとむかしですね。 10年前だったらまだ、「病院でのお産はスタッフが楽をしたいために日中に無理に産ませる」「医療介入の多い、『人間的でない不…

助産とは  13 「科学的根拠から考える 助産の本質」?

先日、久しぶりに書店の医学・看護学のコーナーへ行きました。 やはりたくさんの本に囲まれ、あれこれと手に取って見る時間は幸せですね。 ただ、まだ残念ながら新型コロナウイルス感染と周産期看護について、参考になる本は見つかりませんでした。 実践から…

水のあれこれ 165 水道山記念館

栃木駅周辺を歩いたあとは、佐野の厄除け大師もいいかな、足利の渡良瀬川周辺もいいかなといろいろと案はあったのですが、ふと桐生市の「水道山」が目に入り、ここしかないと決まりました。 12月下旬は晴れていれば日差しも暖かく、歩いているとコートを脱ぐ…

水のあれこれ 164 永野川

栃木駅に戻り、再び両毛線に乗り、次の目的地を目指します。 次は栃木駅と大平下駅間の、橋が崩落した場所を通過することです。 出発して住宅街の風景を走っていると、列車が少しスピードを落とし始めました。 ゆっくりと川を渡っていきます。対岸には小高い…

水のあれこれ 163 巴波川

1年 以上も前の両毛線の散歩ですが、地図を見ていたらあれこれと記憶が蘇ってきました。 ところが、iPhoneに入れていたこの時の写真をいつの間にか削除してしまっていたという痛恨のミス。いつもはブログで散歩の記録を書いたあとに消すのに、時々、大掃除を…

散歩をする 279 両毛線に乗る

一週間以上続く広範囲な山火事に、どうか住民の皆さん、消火活動をされる方々、そして大事な家が無事でありますようにとその経過を追っていました。無事に鎮火できたようで、ほっとしました。 ほんとうに火事は大変です。 足利市という地名を聞いて、そうだ…

散歩をする 278 つりがね池公園から仙川へ

地図を拡大しながらまだ行っていない場所を探していると、見逃しそうなくらい小さな水色の場所を見つけました。 砧公園方面へ谷戸川を辿った時に降りた祖師谷大蔵駅の、反対側にあるつりがね公園です。 子どもの頃から結構利用している小田急線沿線なので、…

10年ひとむかし 77 ずっと前からあったような気がしてしまう夢のような世界

もう10年になるのかと、あの東日本大震災とともに思い出すのが直前に購入したiPhoneです。 当時はまだ周囲でも使っている人が少なかったのに、10年でこんなに「携帯電話」の風景を変えてしまったことが驚きですね。 まだ10年しかたっていなかったのかという…

散歩をする 277 伊佐沼

川越の東側に長方形をした伊佐沼があります。 以前から地図で気になっていたのですが、駅からも少し遠くバスの便も少ないようなので、まあいつかは行こうと計画ノートには書き込んでありました。 2ヶ月ほど前に新河岸川の上流を歩き、川越市の中心部のある台…

事実とは何か 79 「二度と同じことが起きないように」するための報道とは

えひめ丸事故のニュースを検索すると、「米原潜元艦長、えひめ丸事故謝罪」という共同通信の配信した以下のニュースがあります。 米原潜元艦長、えひめ丸事故謝罪 書簡で責任言及、「今更」と遺族 【ホノルル共同】米ハワイ沖で2001年、愛媛県立宇和島水産高…

記録のあれこれ 93 「米原潜ワドル元艦長の公開書簡」

2月9日、うわじま水産高校の実習船の事故が起きた日から20年になることを、ニュースが伝えていました。 その中で「衝突の責任は私だけにある」という、元艦長の言葉が紹介されていました。 「責任は私だけにある」というのはなんだか日本的な感覚で、リスク…

散歩をする 276 清水谷公園

2015年ごろから散歩するようになりました。 最初は本当に近所を歩くだけだったのが、次第に川沿いや湧水を訪ね歩くうちに、最近では都内の地図を眺めるとほぼ水のそばは歩き尽くした感じです。 「歩き尽くした」は言い過ぎかもしれません。8割ぐらいは、上流…

記憶についてのあれこれ 166 天然のスケートリンクとスケート靴

私が5年生まで通った小学校はプールがない代わりに、天然のスケートリンクが近くにあって、冬は毎日のようにスケートをしていました。 小学校の歴史からそんなことを思い出していたら、撮り溜めしていた「小さな旅」の日光の天然のスケートリンクの回を観ま…

記録のあれこれ 92 小学校の記録

村山貯水池からの水路をたどった時に回田小学校のそばを通過したことを書きました。 この時に「めぐりた」と読むことを知っていたのは、あの小平の小さな氷川神社のある場所で知ったからでした。 Wikipedia の回田町の「地名の歴史」をもう一度読み直すと、…

存在する 24 緊急時の「身元保証人」や「家族の同意」が変化

少し前、母の体調が悪化し、お世話になっている介護施設から病院に入院になりました。 面会禁止の状況ですから、身内は受付で入院手続きをしただけで帰宅し、その後は「何かあれば電話で知らせます」という病院からの連絡待ちでした。 「何かあれば」。 もう…

事実とは何か 78 感染症で家を失う

先日、久しぶりに新宿駅の西口に行きました。 2度目の緊急事態宣言が出る前までは月に何度か通っている場所ですが、1ヶ月ぶりぐらいでしょうか、風景が変わっていました。 地下道へ入る階段の壁に沿って段ボールハウスが数カ所できていて、路上で暮らす方の…

つじつまのあれこれ 31 政治家にヒヤリハットの機会はあるか

ふだんは誰がどんな失言をしたかとかどんな失敗をおかしたのかも関心ないがないので、すぐにその政治家の名前は忘れてしまいます。 また、失敗を認め、それを生かそうとしているのであれば、時間はかかっても信頼を取り戻すことは可能だと思います。 どんな…

シュールな光景 19 テレビの中のあちらの世界

早朝や午後にテレビをつけていると、うわぁと叫びたくなるようなテレビショッピングの番組やCMが多くてびっくりですね。 「これを使うとこんなに元気に美しくなります(若返ります)」という宣伝です。 お肌と筋肉の曲がり角への不安をことさら強調し、自分…

水の神様を訪ねる 30 ポリオ研究所と氷川神社

二つある貯水池のうち山口貯水池から始まるのが柳瀬川で、1月にその上流を歩きました。 もうひとつの村山貯水池からも堤体から水路があるのですが、どんなに地図を拡大してみてもその名称がわかりませんでした。 柳瀬川はもともと流れていたから名前がそのま…

実験のようなもの 9 治験

2月17日から新型コロナウイルスワクチンの先行接種が始まったニュースがありました。 その直前に、震度6強の地震や台風並みの低気圧通過があり、ワクチンを国の隅々まで途切れることなく低温に保ちながら届けるというのは本当に大変なことだと、改めて思いま…

下水道についてのあれこれ 10 「近現代の下水道を築いてきた人たち」

中島鋭治氏について検索していたら、「近現代の下水道を築いてきた人たち」(日本下水文化研究会下水文化出前学校)を見つけました。 あの屎尿処理の歴史で、「世の中、本当に地道に調べ考える人たちで支えられている」と印象に残った研究会のサイトです。 …

行間を読む 103 中島鋭治氏の業績

村山貯水池と山口貯水池について検索していたら、中島鋭治氏の名前を見つけました。 明治以降、人口増加および水道改善目的で東京市は1898年(明治31年)12月1日に淀橋浄水場を竣工させ、1911年(明治44年)3月まで施設能力を増強させたが、それでも市民の増…

散歩をする 275 高輪ゲートウェイから三田用水跡を歩く

ときどきむしょうに新幹線を見たくなる発作が起きています。 1年前だったら、見に行くどころかすぐに乗りに行くことだってできていたのでしょうが、できないとなると余計に気持ちが向いてしまうものですね。 通勤の際に1〜2本見ることができるのですが、そう…

事実とは何か 77 「コンタミを証明するのにもコストがかかるのです」

カレンダーに競泳大会の日程を記入し忘れているので、2月6日から7日に行われたジャパンオープンのこともすっかり忘れていました。 昨年、2年4ヶ月ぶりの復帰レースで50m背泳ぎ25秒04という記録を出した古賀淳也選手が、24秒95で優勝されていました。 ご本人…

記録のあれこれ 91 14ヶ月

だんだんと日差しが明るくなって日の入り時間も伸びるこの時期は、「もう少しで春だから頑張ろう」と元気が出るはずなのに、なんだかどんよりとしているのは、やはり緊急事態宣言が出されるほどの非常時だから仕方がないですね。 先日の106歳まで泳ぎ続けた…

水のあれこれ 162 玉川上水と残堀川のマジックのような場所

狭山丘陵の山すそを歩いて満足し、最後の目的地に立ち寄ります。 なんと、ちょうど玉川上水駅行きのバスがありました。30分ほどで玉川上水駅に到着し、そこから西武拝島線に乗り換えて武蔵砂川駅についた時には16時半になっていました。 2月になると日の入り…

散歩をする  274 狭山丘陵の山すそを歩く

阿豆佐味天神社から民家園を訪ねたあとは、野山北公園自転車道に続くトンネルを目指しました。 青梅街道が狭山丘陵の山すそに沿って通っているのですが、それよりももっと山側の道をあえて選んで歩きます。 それほど高くない狭山丘陵の近くには、どんな町が…

水の神様を訪ねる 29 阿豆佐味天神社

残堀川のそばを歩いた時に阿豆佐味通りが阿豆佐味天神社の参道だとわかり、どんな神社なのだろうと検索してみました。 Wikipediaに歴史が書かれていました。 その中の「阿豆佐味という社名」の由来について、諸説ありとしながらも以下のように書かれているこ…

散歩をする 273 立川から殿ヶ谷へ

羽村からの導水管に沿った道を歩いて満足したのですが、やはり横田トンネルを見てみたくなり、また出かけました。 どこから歩こうかと地図を眺めていると、残堀川沿いから導水管のある方向へ向かっていた時に通った阿豆佐味通りが気になりました。 阿豆佐味…

散歩をする 272 野山北公園自転車道を歩く

残堀川沿いに30分ほど歩くと、目指す阿豆佐味通りがありました。この通りをしばらくまっすぐ歩いていると、南側へと蛇行した道があります。 畑や果樹園と住宅の中のその曲がりくねった道を歩くと、再び直線道路に出て、右手に不思議な住宅地がありました。 …